炭酸

ソーダストリームはランニングコストが安い世界No.1炭酸水ブランド

ソーダストリーム

ソーダストリーム(sodastream)は炭酸水が激安で簡単に作れる【炭酸水メーカー】です。

健康志向の人が増えるなかで炭酸水は胃腸を刺激して体内に水分が吸収されやすくなり、体内老廃物を排出しやすくなるデトックス効果があります。

※効果には個人差があり保証するものではありません。

「炭酸水を毎回買っている」「炭酸水が好きだから毎回ペットボトルを買ってお金がかかってる節約したい」という方は、ソーダストリームで低コストな炭酸水・炭酸飲料を作ることができます。

ソーダストリームのおすすめ機種

ソーダストリームのおすすめ機種

ソーダストリームのおすすめ機種はスピリット(Sprit)スターターキット・スピリットワンタッチ(Spirit One Touch)スターターキット・ソース v3(Source v3)スターターキット・ソースパワー(Source Power)スターターキットが人気があります。

スピリット(Sprit)は置き場所を問わず本体が軽量な人気モデルです。カラーも豊富です。

スピリットワンタッチ(Spirit One Touch)好みの炭酸の強さにすることができるワンタッチ全自動モデルです。スピリットワンタッチはスピリットが電動になったモデルです。

ソース v3(Source v3)は炭酸の強さがLEDライトでひと目で確認できます。手動モデルなので電源が確保できない場合におすすめです。

ソースパワー(Source Power)は炭酸の強さを弱・中・強と調整することが可能な全自動モデルです。本体のデザインもおしゃれでインテリアに調和します。

ソーダストリームの価格

・スピリット(Sprit)スターターキットが税込15,400円・スピリットワンタッチ(Spirit One Touch)スターターキットが税込20,900円

・ソース v3(Source v3)スターターキットが税込20,900円・ソースパワー(Source Power)スターターキットが税込31,900円で販売しています。

ソーダストリームは専用ボトル・ガスシリンダーが付属したスターターキットの他にも・専用ボトル・ガスシリンダー・専用シロップも単品販売しています。

ソーダストリームの炭酸水の作り方

上記でソーダストリームの使い方を動画で解説します。

ソーダストリーム本体後ろのカバーを外してガスシリンダーをセットします。そして付属している専用ボトルに水を入れて本体にセットしボタンを押すと炭酸水が作れます。

ソーダストリームは強度がある専用ボトルを使い炭酸水や炭酸飲料を作るので、市販のペットボトルをセットして使うことはできません。

ソーダストリーム専用ボトルはオンラインショップで販売しているので、劣化すれば交換が必要になります。

ソーダストリームは水以外で使える!?

ソーダストリームを水以外で使う

ソーダストリームを水以外で使う方法はたくさんあります。

炭酸水を作る目的でソーダストリームを購入される方が多いですが、水以外でもレモン水炭酸やハイボールを強炭酸にすることも可能です。

ソーダストリームをジュースで使うなら公式サイトでレシピが公開されているので参考にしながら作ることをオススメします。

ソーダストリームで市販のジュースなど粘度が高いものを炭酸にする時には注意が必要です。

ソーダストリームでアップルジュースやグレープジュースに炭酸を注入すると破裂する可能性があります。

ゆっくり炭酸を抜くと破裂しにくいですが、ソーダストリームを水以外で使う場合は注意が必要で自己責任でお願いしています。

ソーダストリームシロップはおすすめ!

ソーダストリームは専用シロップで炭酸水を美味しい炭酸飲料にアレンジできます。

シロップの種類は・エルダーフラワーシロップ・ピンクグレープフルーツシロップ・ブルーベリーシロップ・ライムシロップ

・パッションフルーツシロップ・マンダリンオレンジシロップ・コーラシロップ・ジンジャーエールシロップなど8種類があります。

ソーダストリームは水道水でも使える!?

ソーダストリームで水道水を使って炭酸水を作っても問題はありませんが、カルキ臭や残留塩素が気になる方はウォーターサーバーで浄水された水がおすすめです。

ウイスキーやハイボールの香りを楽しむ場合は浄水された水を使うほうが良いでしょう。

ウイスキーやハイボールを作る時に水道水を使いソーダストリームで炭酸にすると塩素の臭いを感じてしまうことがあります。

ソーダストリームのガスシリンダー

ソーダストリームのガスシリンダー

ソーダストリームで炭酸水の炭酸が弱いと感じる時は、ガスシリンダーのガス容量が減っている可能性があり交換が必要です。

ガスシリンダー1本(60L)でペットボトル約120本分の炭酸飲料を作ることができ、500mlのペットボトル×120本で60リットルになります。

炭酸水の炭酸が弱いと感じる時はボタンを数回押して炭酸の強弱を調整できます。頻繁に強炭酸で炭酸水を作る場合はガスシリンダーの消費が早くなります。

ソーダストリームのガスシリンダーはねじ込み式ガスシリンダー(従来モデル)とシリンダークイックコネクト式ガスシリンダー(新モデル)があります。

シリンダークイックコネクト式ガスシリンダーはワンタッチで素早い交換が可能です。

ガスシリンダーの交換で初めて購入される場合は事前にねじ込み式かシリンダークイックコネクト式かを確認して購入をお願いします。

ソーダストリームで強炭酸

ソーダストリームで強炭酸

ソーダストリームで強炭酸するには押す回数を増やすことで強炭酸にできます。強炭酸水や強炭酸ハイボールを作りたいときはソーダストリーム本体のボタンを数回押してください。

ソーダストリームで強炭酸の飲料を作るとガスの減りが早くなり交換時期が早くなります。

ソーダストリームの強炭酸は強めのシュワッとした感じが味わえるのでクセになりやすいですね。

強炭酸はふつうの炭酸より胃を刺激しやすく、飲み過ぎると炭酸中毒になる可能性もあるので注意が必要です。

ソーダストリームで追い炭酸

ソーダストリームは炭酸が少し抜けて弱くなった炭酸水を追い炭酸で復活させることができます。市販の清涼飲料の追い炭酸はできません。

ソーダストリームのランニングコスト

ソーダストリームのランニングコスト

ソーダストリームのランニングコストは500mlの炭酸水で約18円、甘味料をプラスした炭酸飲料なら約54円ほどで激安です。

毎日炭酸水や炭酸飲料を飲む方なら安いと思うのではないでしょうか。

ソーダストリームは手動モデルと電動モデルがありますが、手動モデルのランニングコストはガスシリンダーと専用シロップになります。

電動モデルはガスシリンダーと専用シロップと電気代が発生します。

ソーダストリームの電気代

微炭酸・炭酸・強炭酸と炭酸の強さでガスシリンダーのガスの減りが変わってきますが、市販の炭酸飲料の半分ほどで炭酸飲料が作れて飲めるのでコスパは悪くありません。

ソーダストリームでかかるランニングコストはガスシリンダーの交換にかかる費用と月に数円程度の電気代だけです。

-炭酸

2020オメガ コピー(N級) タグ・ホイヤーコピー サブマリーナーIWC コピー(N級)

Copyright© 物販屋.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.